この練習をすれば必ず上手くなる。ゴルフスイングの基本 ハーフショットドリル

今日はゴルフスイングの基本となるハーフショットドリルの紹介です。

ボールを効率良く遠くに飛ばし、尚且つ真っ直ぐ飛ばすには、常に体の前に手元があり体の正面でインパクトする事が必要です。

腕の力に頼った手打ちスイングではボールは飛ばないし方向も安定しません。

腕を使わず体を使い過ぎても同じく飛距離も方向も安定しません。

バランス良く腕と体を使うことが重要です。

腕と体の一体感をもってバランス良くスイングする。これが理想のスイングです。

ツアーで活躍するプロ達は軽く簡単そうに振っているように見えますよね。

それは腕と体が一体でシンプルでバランス良くスイングしているからそう見えるのです。

動きに無駄がないです。

それでは練習方法ですが、ハーフショットドリルをおすすめします。

フルショットばかり打っていると大振りになってきてバランスが悪くなり、腕と体がバラバラになってくるのでこのドリルが効果的です。

使用クラブは7I

他のクラブでも練習しますがまず中間のミドルアイアンぐらいが良いでしょう。

通常にアドレスして、腕が地面と平行から平行までの振幅でミートする練習をします。

飛ばす練習ではないのでしっかり芯で打つ事に重点を置く。

8割ぐらいの力でスイング。

弾道は少し低めのライナー性になります。

腕と体がバラバラにならないように意識しながら練習!

小さいクラブから大きいクラブまですべて動きは一緒なので安定したショットを打つ為の基本の練習だと思ってぜひ実践して下さい。

体の使い方やミートする感じがわかってきますよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
電話でお問い合わせ!