パッティングの距離感を合わせるす為に大事なことは!?

レッスンをしているとパターの距離感についてよく質問されます。

パターの距離感が悪くロングパットが苦手な方は多いですね。

どうすれば距離感が合うのか? 

ストローク幅で決めるのか?インパクトの強さで出すのか? いろいろ悩まれると思います。

しかしその前にまず芯で打つことが大事です。

ボールの芯とパターの芯がしっかり当たってはじめて毎回同じ良い転がりのボールが打てるのです。

ショットでも芯で打ったボールと芯をはずしたボールでは距離感が違いますよね。

パターも同じです。

パターも距離感が合わない原因は、芯で打てていない事が多いです。

まず練習グリーンで同じストローク幅で3球ボールを打ってください。

3球同じ場所止まればストロークが安定していて芯に当たっている可能性が高いです。

芯を少し外していたとしても同じ場所にだいたい当たっています。

3球、違う場所に止まるようであれば距離感が合わない前にストロークが安定していないか毎回同じ場所に当たっていないという事です。

まず芯で打つ練習をしてそれから距離感を作っていきましょう。

芯で打てるようになったら今度はボールが転がるスピードをイメージ出来ると距離感が合ってきます。

インパクトしてどのくらいのスピードでボールが出て行けばどの辺りで止まる。というように出球のスピードと止まるスピードをイメージします。

ボールを手で転がす練習などするとボールが転がるスピードのイメージ出来てきます。

芯で打つ方法としては


下半身を安定させ両腕、肩の力を抜いてヘッドの重さを感じて振り子のストロークが出来れば安定して芯に当たってきます。

自分で芯に当てようとしたり、途中で力が入ったりすると上手く芯に当たりません。

ショットもパターも芯で打つことが大事です。

そしてボールが転がるイメージをしっかり描くと距離感が合ってきますよ。

パッティングの上達は練習するしかありません。 

頑張って下さい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
電話でお問い合わせ!