良いスイングを身につけたい = なぜ良いスイングが必要なのか?良いスイングとはどんなスイング?

まずゴルフを知る!ゴルフというゲームはどういうものか?

前回の続き

良いスイングを身につけたい!

なぜ良いスイングが必要なのか?

良いスイングとはどんなスイング?

良いスイングを身につけようとスイングをいじりながら一生懸命、練習に励んでいると思います。

その前になぜ良いスイングが必要で良いスイングとはどんなスイングなのかをまず考えて見ましょう。

良いスイングが必要なのはコースで毎回同じように安定したショットが打てるようになる為です。

けして見た目のカッコ良さではないのはわかると思います。


しかしどんなに良いスイングが身についてもロボットではないので絶対に曲がらないスイングはないし絶対にミスしないスイングもありません。

ミスの範囲を少なくする為に良いスイングが必要と考えた方が良いと思います。

良いスイングとは安定して毎回繰り返し同じ動作が出来るスイングです。

形やカッコ良さではなく変則でも毎回同じ動作が出来てボールをコントロール出来るスイングが実際のラウンドでは強いです。


トーナメントで活躍するプロも強いプロは個性あるスイングのプロが多いです。


最近はクラブの進化とスイング理論の進歩で似たようなスイングのプレーヤーが増えてきましたが、変則でもきれいなスイングでも良いスイングには共通する部分があります。


それはスイング中に手元が体の正面から外れない。
特にインパクトで左肩が開かず、体の正面でボールを捕らえる。
もう一つはリズム、テンポがどのクラブ、どんなショットでも一定。 

この二つです。


この二つは良いショットを打つ為に絶対に欠かせないもので、良いプレーヤーのスイングに共通する部分です。


この二つをスイング作りの念頭に置いて練習することをおすすめします。

オンプレーンスイングでもループスイングでも球筋がフックでもスライスでも手元を体の正面から外さない! リズム、テンポを一定! これがコースで安定したショットを打つ為の良いスイングです。

コースで使えるスイング作りをしましょう!

次回に続く・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
電話でお問い合わせ!