パターが上手くなりたい! スコアに影響するパッティングで大事な距離は?

まずゴルフを知る!ゴルフというゲームはどういうものか?

前回の続き

パターが上手くなりたい!

スコアに影響するパッティングで大事な距離は?

ゴルフでパッティングは重要です。

スコアに一番、直結するのがパッティングです。

当然パッティングも練習しなければ上達しません。

しかしパッティング練習に時間をさいている方は少ないように思います。

プロなどはパットイズマネーと言われるくらいパットの一打で賞金がかなり違ってしまいます。

ですからパッティング練習に費やす時間はかなり長時間で、いろいろ工夫しながら練習してます。

アマチュアの方でもパッティング練習に時間割けば、平均スコアも上がってくるはずです。

まず最初にスコアに影響するパッティングの距離はどのくらいの距離か考えてみましょう。

だいたい1mから1,5mぐらいだと私は思っています。

この距離を入れるか外すかでかなりスコアは違ってきます。

この距離はただの一打ではなくて、次のショットに影響を及ぼす一打なので実際は目に見えない0,5打ぐらいがプラスされる距離だと思います。

せっかく良いショットやアプローチで1m~1,5mぐらいにつけてもそれを外してしまうと前の良いショットは消えてしまいます。
悔しさから次のショットに影響が出たり、そこでミスをするとまた次に影響が出るなど流れが悪くなって行くパターンが多いです。
それを何回か繰り返していると、どんどん流れが悪くなって行きます。

その逆でピンチの時に確実に1m~1,5mを入れて行くとだんだん流れが良くなってきてショットまで良くなって来たりします。

不思議ですがゴルフは流れが大事でその鍵を握っているのがパッティングだとも言えると思います。

そうなってくるとやはりパッティング練習をしっかりしなければなりません。

しかし練習場所が・・・? コースの本グリーンでないと意味ないのでは・・・?とお考えの方! そんな事ありません。自宅のパターマットでも絨毯の上でも十分に練習になります。

平らな場所で基本の真っ直ぐ順回転でボールを打つ。

これをひたすら続けて自分のストロークを体に染み込ませて下さい。

パターマットの方が芝目の影響とかもなく正しいストロークを身につけるには、良かったりもします。

コースでラインをいくら読んでも思った所に思うようなタッチでストローク出来なければ入りません。

まず短い距離を確実にストローク出来るようにしましょう。

ゴルフとはどういうゲームか? ゴルフを知ることによって上達は変わってきます。

やみくもに練習することから目的を考えて練習し、スコアアップにつなげて下さい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
電話でお問い合わせ!