ドライバーとアイアンは同じスイングで良いの?

レッスンをしているとよく聞かれる質問があります。

それは「ドライバーもアイアンと同じスイングで良いのですか?」という質問です。

わたしのレッスンでは最初にウェッジでスタンスを狭くして小さい振り幅から始めてもらい、徐々にスイングの幅を大きくして行き、長いクラブに変えていきます。

基本的にスイング作りはアイアンで行うので良くこの質問を受けます。

その時、私は「基本的には体の動きは一緒です。」と答えます。

いろいろなレッスンの中でドライバーとアイアンは別のスイングと教えるプロもいると思いますが、私は基本的な動きは一緒だと考えています。

ただ、ドライバーとアイアンではボールの位置とティーアップして打つのと地面から打つ違いがあるのでインパクトするポイントは違います。

したがってスイングのイメージは少し違います。

アイアンは地面にあるボールを打つ為、スイングの最下点の前でインパクトし、ドライバーはティーアップしているので最下点を過ぎたクラブが上昇して行く過程でインパクトします。

アイアンはダウンブローにボールを捕らえ、ドライバーはアッパーブローに捕らえる事になります。

スイングを変えるのではなく、ボールを捕らえるイメージを変えてインパクトするように教えています。

ドライバーはアッパーブローに捕らえるからといって下から上にあおって打つようなすくい打ちになってはいけません。

アイアンもダウンブローだからといって極端に上から叩きつけるようなスイングになってもいけません。

どちらもスイングの途中で(通過点)でボールを捕らえるのが安定したショットにつながります。

素振りをしていてもアイアン用の素振りとドライバー用の素振りという様に分けてする事はないと思います。

プロなどは自分の打ちたい球筋によって素振りのイメージを変えたりしますが、基本的なスイングの素振りは一緒です。

ですからショット練習も基本的な動きのスイング作りはアイアンで行い、その応用でドライバーまでつなげて練習して行きましょう。

「ドライバーとアイアンのスイングは基本的な動きは一緒! イメージとインパクトするポイントを変える!!」

イメージについては次回お話します。

NFゴルフクリニック:コースレッスン
www.nf-golf-clinic.com

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
電話でお問い合わせ!