ナイスショットが出る構えとは!? 基本アドレスを覚える。

上達の為の第一歩! 基本アドレス(構え)

今回、ゴルフスイングにおける大事な基本アドレス(構え)について説明します。

アドレスはゴルフスイングにおいて最も重要な要素の一つです。

正しい構えをしないと安定したショットは望めません。

初心者の方などはボールを打つ事が優先になりついアドレスが疎かになりがちです。

構えとは次の動作をスムーズに行う為の役割です。

他のスポーツの構えを見ても目的にあった次の動作の為の構えをしています。

どのスポーツでもプロや上級者の構えを見ると「あっ!この人上手そうだな!やりそうだな!」という雰囲気を出していると思いませんか?

何事も構えが大事なんですね。

それではゴルフスイングの正しいアドレスについてです。

ゴルフスイングの正しい構えは重心を左右の足に均等にかけ、つま先、かかと、どちらにも偏らないようにバランス良く立ちます。

そして上体を両足の付け根、股関節から前傾し、背筋を伸ばします。

肩の力を抜いて腕をダラ~っと真下に下げ、そこで両手を合わせた場所が正しい手の位置です。

スタンスの幅はクラブの長さによって変わります。

ミドルアイアンで両足の外側が肩幅、ドライバーで両足の内側が肩幅を目安にして下さい。

肩、腰、両足、両膝のラインをボールと目標を結んだ線と平行にします。

そして大事なのは体が固まらない事です。


気持ちよくスイングする為にも上体の力を抜いたバランスの良いアドレスを心掛けて下さい。

プロのスイングを真似するのは難しくてもアドレスなら真似ることは出来ます。

ぜひバランスの取れたかっこいいアドレスを身につけて下さい。

必ず上達しますよ!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
電話でお問い合わせ!