安定しない手打ちスイングから脱却!! 基本練習に欠かせない片手打ち練習ドリル(右手編)

体幹を使ったスイングで飛距離と方向性の2つを手に入れよう!!

体幹を使ったスイングとは・・・

ゴルフスイングをする上で飛ばしたい!上手く打ちたい!  
そう思うと、どうしても、腕に頼ったスイングになりがちです。
特に右打ちの方は右腕(左打ちの方は左腕)を使いすぎるとクラブを振る軌道は
安定しません。

腕は体の筋肉に比べて器用に動くので、スイング中、いろんな動きをしてしまいます。
器用な腕を使い過ぎず、体と腕を一体にして、腹筋や背筋などの、大きい筋肉を使って振れば安定します。

そうすると体から出る力と自分の体重が一気にボールに伝わり飛んで曲がりません。

腕と体を一体にして腕に頼らない、体幹を 使ったスイング。

このスイングを身に着けるのにいくつかの練習ドリルがありますが、今回は右腕一本で打つドリルを紹介します。

右サイドを一体にしてスイングする


右手一本でクラブを持ち、左手で右ヒジの上を押さえたままクラブを振ります。  
スイング中、右ヒジが体から離れないようにし、体と腕の一体感を感じながらスイングして下さい。

腕だけで振ろうとするとクラブが重く感じてダフったりシャンクしたりで上手く打てません。

気をつける事は下半身を使って体重移動しながら打つ事と右手首の角度を保ったままハンドファーストでインパクトを向かえる事。  

そして右肩、ヒジ、膝、腰の右サイドを一体にして振ることです。

トップから切返した後は扉がバタっと閉まるように右半分を一体に動かすイメージで振ってみて下さい。  
下半身が先行して腕が遅れても、下が止まって腕が先行しても上手く打てません。
ちなみに私は練習する時に最初にこのドリルをやって、腕と体のバランスを整えてから両手で打ち始めます。



※ 使用クラブはサンドウェッジ
サンドウェッジ以外のクラブでも良いですが、クラブの重さを一番感じやすいのと短くて扱いやすく、ロフトがあるのでボールを投げるようなイメージが湧きやすいのでおすすめ!

馴れてきたら他のクラブでやってみるのも良いですね!

ぜひお試しを!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
電話でお問い合わせ!