ゴルフ上達のコツ|人間の身体は考えて動いていない

ゴルフの練習をしていると迷路のハマったり迷うことは多いと思います。

「いろいろ考えながら練習していたらスイングがわからなくなった・・・」

「You TubeやレッスンDVDなどを観ていろいろ試しているのにうまくいかない・・・」などなど・・・

スイングで迷ったときに一旦立ち止まって考えることは・・・?

どうやってスイングをするのかではなくどういうイメージを持つかです。


人間の身体は考えて動いていない。 意識は後です。

どうやって動くかを考えるのではなく
その時、どういう感覚かどういうイメージだったかを覚えておくことです。

意識して身体を動かしているように思いがちですがそれは勘違い。
身体が動いた後に意識はついてくる。
歩くことにしても車の運転でも普段、何気なく生活している時の身体の動きは意識して動いていません。
ゴルフのスイングも人間が行う動作なので一緒。

意識はスイングした後なのに意識してスイングをしていると思ってしまう錯覚。

意識しながら打てば悪いところが直ると思ってしまう勘違い。

無意識で動けるように練習をして行くことが大事です。

もちろん最初から無意識でうまくいく訳ではありませんが、大事なのはイメージをしっかりする事です。

どこにどういうボールを打ちたいのか?

どう身体を動かしたいのか?

どういう軌道でクラブを振りたいのか? 

などいろいろ・・・

意識しながら打っている時はぎこちない動きでしっくりときません。

「 スイングする時にどう身体を動かすか?」でなく「どういう感覚だったのか?」「どういうイメージだったのか?」
感じることが大事です。

常に自分のフィーリングを感じて感性を磨きながら練習することが上達のコツです。
リズム、タイミング、クラブの軌道のイメージ、身体の感覚などなど…
感じることすべて…

バックスイングやトップの位置、ダウンスイングの形など考えながら練習している方は一度、そのことを頭から切り離して感じることに意識をおいて練習してみて下さい。

きっと違う気づきやスムーズな動きなど何かいつもと違うことが感じられるはずです。

ぜひ試して下さい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
電話でお問い合わせ!