コースでナイスショットを打つ為に練習場で意識すること!

練習場でボールを打つ時に何を意識して練習してますか?

スイングの事やリズム、ターゲットに対しての立ち方などいろいろ意識して練習していると思います。

どれも必要で大事なのですが練習場のマットで打つ時に必ず意識しなければいけない事!

それはインパクトの音です。

コースの芝生と練習場のマットではぜんぜん違うのでボールの行方だけで良い悪いを判断してはいけません。

芝生から打つボールはライにすごく影響を受けます。

ボールが沈んでいたり逆目や順目、芝の長さ、芝の密集度などからボールの飛び方や止まり方が変わります。 

少しでも手前からダフってインパクトすると距離は落ちてしまいます。

きれいにインパクト出来てもしっかりとボールに力が伝わらない手打ちだとこれも距離が出ません。

マットで打つ時にくらべてインパクトの時の地面と芝の抵抗が大きいので手打ちだと当たり負けしてしまうからです。

体をしっかり使ってボールに体重を乗せていくと距離の出る良いショットが打てます。


マットの上ではダフってもボールは飛ぶ!

むしろダフった衝撃でヘッドがマットを滑って加速し飛距離が出る事もあります。

手打ちでもマットは滑ってインパクトの抵抗が少ない為、影響なくボールは飛んでくれる。

フェースの向きに関しても芝生とマットでは影響の受け方が違いマットの方が真っ直ぐ飛びやすくもなります。

しかしコースではそうはいきません。

ではどのようにインパクトすればコースでもナイスショットになるのか・・・

ボールをクリーンにヒットしてボールの先のターフが取れるショット。

正しくスイング出来た時には芝生の上もマットの上も関係なく同じように良いボールが打てます。

それだけ実際コースでのショットはインパクト時のクラブの入り方やフェースの向き、ボールの当たり方などがシビアに要求されます。

練習の時からそれを理解した上で意識して練習する事が必要です。


その判断の仕方が音です。

インパクトの時の音を意識して練習しましょう。

『カツッ!』とした音が正解です。細かく言うと『カツッ!』の後にマットを擦る『シュッ!』ていう音がするのが良いです。『バシッ!』や『ドン!』はダメですよ!

最初はトップと勘違いしてしまいやすいのですがボールの赤道の下にリーディングエッジが入ってきてその後ボールの先のターフを取って行くのがナイスショットです。

ボールに当たる前にマットの音がすればそれはダフり!

ボールはナイスショットでも実際はダフりで芝生の上からでは飛びません。

そのままボールだけ見て良いと思って練習しているとそれはダフる練習をしているような事になってしまいますよ。


トップとナイスショットは紙一重!


アイアンの場合トップは良いですがダフりは絶対にダメです。

レッスンをしていると練習場では飛んでいるのにコースに行くとアイアンがだいたいショートしてしまうという方がすごく多いです。

練習場ではインパクトの時のクラブの入り方、音を意識して練習しましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
電話でお問い合わせ!