パターは練習で必ず上手くなる。

パターが苦手な人は多いですよね。

しかしそれは本当に苦手なのかどうかは疑問です。

ただパッティング練習をあまりしてないだけで本当は練習すれば上手いのかもしれませんよ!

ショットも練習をしなければ上達しないのと一緒でパターも同じく練習しなければ上達はしません。

ショットの練習は良くするけどパター練習を多くする方は少ないように思います。

ゴルフを始めた頃にパターマットは購入したがほとんど眠っているという方が多いのではないでしょうか?

自宅のパターマットでの練習でも十分に効果があります。

よくパターマットで練習しても実際のグリーンと違うから意味が無いのでは・・・?と思う方がいますがそれは違います。

それを言ったらショット練習も同じです。

練習場で打ってもコースと違うから意味が無いという事になってしまいます。

ショット練習でもパター練習でもその環境に合わせた練習方法と目的を持てば十分効果がある練習ができます。

まず自宅でパターマットや絨毯の上で1mから2mをしっかり芯で打って順回転の良い転がりが出るように練習して下さい。

練習場でショット練習するのと同じように同じ場所で反復練習をして正しいストロークと芯で打つ感覚を覚えるのです。

コースに行ってパター練習が出来る時には本番同様、しっかりラインを読んでそこにしっかり打ち出せるかを練習しましょう。

基本のストロークを体に覚えこます練習は自宅でもで出来、距離感やライン読みなどの応用はコースのグリーンでというように目的をもって練習すれば必ず上達します。

どちらにしてもただカップに向かってポコポコ打つだけで「入った!外れた!」だけの練習では意味ないですよ。

スコアのパターが占める割合はかなり多いのでその割合と同じくらいパター練習に時間を割きたいですね。

パターが上手くなれば確実にスコアは縮むしゴルフが楽になります。

プロがパターが上手いのはそれだけパター練習に時間をしているからですよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
電話でお問い合わせ!