右腕と体の使い方を覚える練習方法(片手打ちドリル右手編)

今日は安定したスイングを覚えるためのドリル、片手打ちドリル(右手編)の紹介です。

右腕の使い方を覚えると同時に手打ちを防ぎ腕と体の一体感を覚えるドリルです。

使用クラブは最初はサンドウェッヂ。  徐々に慣れてきたら9Iや7Iなどクラブを長くして行きながら試してみましょう。

最初は小さい振り幅から始め、しっかりとハンドファーストで捕らえる感じを掴んで下さい。

右手一本だとクラブが重く感じるので手だけで打ったりダウンスイングで右手首の角度が早く解けるとダフってしまいます。

左手で右腕上腕部分を押さえ、右脇が空かないようにして右腕と体を一体にしてスイングします。

腕だけが余計な動きをしないように腕と体がバランス良く一緒に動くと上手く打てます。 腕に力を入れないようにしてリズム良くクラブの重さに任せてスイングしましょう。

通常のスイングで腕が必要以上に動きすぎて手と体バラバラになってしまう方などに有効なドリルです。

片手で打つ事によって普段のスイングでは感じられない右手の使い方や役割、ボールを拾う感覚などが養われます。

練習の始めやショットがブレ出して腕と体がバラバラになって来たと感じた時などにこのドリルを取入れて下さい。

ただフルショットで練習するだけでなくドリルを交えながらメリハリのある練習をする事が上達の近道です。

ぜひお試しを!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
電話でお問い合わせ!