2012日本ゴルフツアー選手権で藤本選手が優勝

日本ゴルフツアー選手権(宍戸ヒルズカントリークラブ)

藤本佳則選手が-13で優勝しましたね

プロ転向、今年が1年目の新人ですがすばらしいですね。

アマチュア時代からプロのトーナメントに何試合か出ていてツアー経験があるとはいえプロ転向後5戦目、メジャー優勝は今後の活躍が期待されます。

とおとおみ浜松オープンでは逆転負けで優勝を逃してしまいましたが、今期中には勝つだろうなぁ・・・と思っていたらいきなりメジャー大会で勝ってしまいました。

やはり力があるんですね!

今回、最終日、最終組の組み合わせが三日目と同じ組み合わせで三日目同様、上平栄道選手、川村昌弘選手と3人とも良いプレーで大変盛り上がりました。

上平選手はあともう一歩のところでしたが17番のバーディーで2打差に追いついたのは18番最終ホールを面白くしてくれました。

個人的には今期、18歳、新人の川村昌弘選手に注目しています。

スイングは変則ですが、感性を活かして、自分がある感じで凄いと思います。

プレースタイルも淡々として一喜一憂せず、とても18歳に見えませんね。

こういう選手は強くなるのではないでしょうか!?

歴代活躍した選手や世界で活躍している選手も個性的なスイングで自分がある選手が多いと思います。

私も普段ジュニアにレッスンして行く上であまり型に嵌めずに感性を伸ばしていくようにしようと改めて感じさせられました。

今期のツアーは川村昌弘選手に注目して観て行きたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
電話でお問い合わせ!